過去に戻ってみる

日本における塾の歴史は古く、平安時代にまでさかのぼります。平安時代は貴族の子弟対象に営まれていました。最も栄えた時代は歴史的に平和であった江戸時代です。江戸時代は塾が大変栄えたので識字率は世界でもかなり大会水準だったといわれています。江戸時代末期から明治時代にかけては欧米に追い付くために若者が勉強したため、その後の歴史に名を残すような塾やその生徒が生まれ、のちの歴史に大きな影響を与えました。 その後、大きな戦争を経て戦後塾はとても栄えました。ベビーブームによる受験戦争が激しくなったため、さまざまな塾や大きな予備校が生まれてきました。現在では個別指導から大きなものまでその形は多様化してきています。

平成に入り少子化が進んできたため、塾は競争がとても激しくなってきています。そのなかで現在ではテレビやインターネットなどを使った衛星授業を行ったりしています。さらにはタブレットを使用するなど工夫を凝らしています。生徒の獲得のために力を尽くしています。 一方で私立の進学校などでは、放課後の補修などに塾の講義を取り入れるなど、昨今の塾は、その他の教育機関とも連携していきます。今後は、よりその経営についても多角化していくとが予想されます。塾で学ぶ人も子どもだけでなく、自己啓発を行っている大人ですとか、時間があって勉強したいと思っている高齢者などさまざまな年齢層や立場の人へその門戸が開かれていくと予想されます。